薬膳コーディネーターの資格をとる方法

薬膳コーディネーターの資格取得では、ユーキャンの通信講座を受ける必要があります。薬膳の勉強自体は独学でも行うことができますが、資格取得を目指す場合は講座で学習をする必要があり、試験は受講生であれば、受講期間内いつでも受験をすることができます。通信講座の他にも通学講座を利用することもできますが、高額な費用がかかるために、ここでは通信講座の利用がお勧めできる方法となります。

あなたの期待に応えるビジネスジャーナルの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

薬膳コーディネーターは、試験に合格をすることで本草薬膳学院から資格が認定されます。
受験形態は自宅で受験をすることができ、3回の添削問題を全て提出したのちに最終課題の資格試験を受けることになります。


試験内容はマークシート方式となり、60点以上が合格となりますが、万が一不合格でも再々試験まで受験を受けることができます。ユーキャンが設けている薬膳コーディネーターの通信講座は、内容としては添削回数としては添削3回、資格試験1回となり、標準学習期間には4ヶ月を設けています。
ただ、個人によっては期間が延びてしまう場合もあり、ユーキャンでは受講開始から1年までは指導をする方法が取られています。
送られる教材は、まず、中医学編、食薬編のテキストがそれぞれ1冊、薬膳レシピ集、薬膳レシピDVD、用語集、ガイドブック、オリジナルマグネット4個、添削関係書類等があります。



副教材には中薬を煎じるのに便利な平行鍋、舌診ボードがあり、舌診ボードには中医薬で大切な舌の状態から体調や体質を判断できる内容が掲載されています。

学費は一括払い44、000円となっており、15回の分割払いも行うことができます。

人気な離婚カウンセラーの様々な相談を受けることができます。